コンテンツへスキップ →

Between naught and existence

Statement of “Between naught and existence”

欧米の絵画と日本の絵画の代表的な違いとして「空間の使い方」が挙げられる。

描かないことで表現するという「間」は日本人の私には強く惹かれる。だが、写真では何も存在しないということは無い。たとえ白であろうと黒であろうと、そこには何かが存在する。

A typical difference between European and American paintings and Japanese paintings is the “use of space.”

As a Japanese person, I am strongly attracted to the concept of “Space(間)”, which is expressed through not drawing. But in a photograph, nothing is ever absent. Even if it’s white or black, there’s something there